「策略」のことを好きな人もいれば、嫌いな人もいると思う。興味のない人も。アナタにとっての「オムライス」って、どうだろう?

アイスコーヒーも人生も賞味期限切れ

勢いで走る子供と俺

大物司会者が引退発表するので、報道でしきりに報道しているが、大変すごい!!。
1年ごとに変わる日本の総理大臣がどなたに決定するかという内容よりニュースでも順番が速かった。
誰が代表になろうが変わらないって思うのもめっちゃ存在するし、それよりは大物司会者が芸能界をびっくりするほど突然引退というほうが影響がでるということですかね。

泣きながら熱弁するあいつと突風
動物を見るのにとっても長く長く歩く動物園は、盆近くはめちゃめちゃ蒸し暑くて汗がでる。
友人夫婦とお子さんと自分の家族とそろって見に行ったが、すごく日差しも暑くてだるかった。
大変日差しも暑いので、肉食獣も草食獣も他の動物もたいてい動いていないし、遠くの物影に姿を隠していたりで、ひどく観察出来なかった。
この次は、建物内で日陰もある水族館などが暑い季節はよさそうだ。
子供が大きくなったら夜間の動物園や水族館も楽しめそうだ。

月が見える祝日の夕方に足を伸ばして

子供とのコミュニケーションをすると、ひとり娘はすごく好感をもってくれる。
一歳までは、仕事の業務が大変激務で、ふれあうことがあまりなかったため、たまに抱っこしても近寄ってくれなかった。
親でありながらと哀れな心もちだったが、仕事がせわしないからと投げ出さずに、毎回、休みの日にお散歩に連れ歩くようにした、抱えても、お風呂に入れても普通になった。
ここ最近、出勤で出かけていく時、俺が居なくなることが寂しくて泣いてくれるのがほほがゆるむ。

気分良く歌う父さんと月夜
今日は少年は、小学校の給食当番だった。
帽子とマスクを着け、白い割烹着を着て、他の給食当番のみんなと、給食を給食室へ取りにいった。
今日の主食は、ご飯ではなくパン。
バケツのように蓋付きの大きな鍋に入ったスープもあった。
少年は、最も重い瓶入り牛乳だけは、男子が運ばないといけない、と思っていた。
クラス皆の分だから38本ある。
だから自分が、バットに入った38本の瓶入り牛乳を持ったのだけど、同じ給食係のフーコちゃんが一緒に持って運んでくれた。
重たい瓶入り牛乳を女の子に持たせたくはなかったけど、同じクラスでちょっと気になるフーコちゃんと教室まで一緒に歩ける、と思ったので、少年はちょっとドギマギしながら、そのまま2人で牛乳を運んでいくことにした。

息絶え絶えで体操する兄弟と私

少年は非常にひもじかった。
来週から夏休みという時期、小学校から元気よく帰っているときだった。
セミももう騒々しく鳴いている。
陽の光は強く、夕方にもかかわらず、いまだ太陽は高かった。
少年は汗を手でぬぐいながら一人で歩いていた。
友達と一緒に帰ることも多いが、今日はものすごくお腹が減っていたから、早く家に帰って何か美味しいものを食べたかった。
少年が狙っているのは、昨日の晩御飯のカレーの残り。
昨夜のカレーは、まだ鍋に多少は残っていた気がする。
ご飯だってたぶん、冷や飯が冷蔵庫に入っているはず。
少年は期待しながら足早に家を目指した。
すると、汗がもっと流れてきた。

風の強い水曜の午後はこっそりと
梅雨が明けたばかりだけど、今日蝉の鳴き声に気付いて、少年は「夏だ。」と思った。
もうすぐ夏休みという休みの日のお昼前、少年は縁側に座ってアイスを食べていた。
頭の上では風鈴がときおり小気味いい音を立てていた。
いつにも増して暑い日で、日差しが少年の座った足を焦がしていた。
少年は元気に半ズボン姿だった。
顔を伝って汗が流れ、アイスクリームもとろけてきた。
少年は、近くにある市民プールのオープンに期待していた。

怒って口笛を吹く子供と紅葉の山

サプライズで友達から貰ったこの香水、優しい匂い。
ぴったりな匂いを意識して選んでくれた作品で、小さい瓶でリボンの飾りがついていて可愛い。
香りの雰囲気も瓶も大きくいっても華やかとは言い難いものだ。
ショップにはたくさんのボトルが並んでいたけれど、目立たない場所に置いてあったもの。
容量はとにかく小さい。
小型で重宝している。
出かける時だけでなく、仕事のときも手提げに、家で仕事をするときは机の隅に必ず置いている。
なので、バッグの中は、どれもこの香り。
だいたいいつでもつけているので、そうじゃないときは今日あの香りしないと言われる場合もたまに。
香水ショップで多くの匂いを試してみるのは好きなことだけど、この香りが今までの中で最高に気に入ったものだ。

自信を持ってダンスする弟と草原
このようにネットが必需品になるとは、子どもだった私は全く予想できていなかった。
物を売る会社はこれから先競争化が進むのではないかと思う。
パソコンを活用し、どこよりも安価な物を発見することができるから。
争いがピークになったところでここ最近よく見かけるようになったのが、集客アップを目的にしたセミナーや情報商材だ。
最近、成功するための方法が売れるようになっていて、何が何だかピンとこない。
手段と目的がごっちゃになってしてしまいそうだ。

寒い週末の朝に座ったままで

お盆が近くなって、「とうろう」などの催し物が付近で行われている。
近郊の観光施設では、竹やすだれで制作されたとうろうが飾られていた。
近所の観光施設では、暗くなってからは電気の照明は付けられてなくてなくて、とうろうの照明だけというのは、めっちゃ素敵だった。
竹やすだれの中で明かりがついていて、やさしい灯りになっていた。
マイルドな光がそのあたりの樹々を煌々と照らしていて大変心地よかった。

どしゃ降りの月曜の晩に焼酎を
友達の両親が梅干しを販売しているとの事。
博多に本部があり台湾に支社もあり、関西の方に自社工場がある。
各都道府県に定期的に、数人で組んだメンバーで訪問販売をするらしい。
深夜に、梅干しの雑学を聞いていると、食べたくなった。
「梅干し食べたい」と言うと、あ!あるよ〜!と出してくれた。
ここで食べた梅干しが、今までで一番美味しかった。
なんと、さっそくはちみつ梅を注文してしまった。

サイト内カテゴリ

サイト内カテゴリ

Copyright (c) 2015 アイスコーヒーも人生も賞味期限切れ All rights reserved.