アナタが考える「パスタ」と、多くの人が思っている「パティシエ」は、もしかしたらまるで違ってるかも。そんなことを思ってみると、ちょっと不思議な感じがする。

アイスコーヒーも人生も賞味期限切れ

雪の降る水曜の午前は椅子に座る

私の仕事の関係で、日光へ向かうことが非常にたくさんあった。
東京から4時間ほどの場所に位置する日光は栃木県にあって、海に面していない県で、背の高い山に囲まれている。
もちろん、寒くなると積雪し、除雪車やチェーンなど必要である。
秋になると、東北道で、2泊3日の予定で行って、帰ってきてからまた2泊3日というスタイルが多くて、ニュースなどで日光の様子が紹介されると懐かしく思ってしまう程。
「日光を見ずして結構というなかれ」という面白い表現がある位なので、一度は行ってみてほしい所だ。
少しだけ紹介させてもらうと、旅行のメインはやはり日光東照宮。
東京の基盤を作った家康の墓があるところで、中の様子に驚くと思う。
あと、いろは坂を上るとたどり着ける奥日光湯元温泉。
硫黄泉とのことで、白く、高温の温泉。
この温泉に入ると冷えも治ると思う。
日光東照宮が建てられたときには、こちらの温泉街を目標に多くの湯治客が集まったらしい。
情景が想像できる歴史的な栃木県日光市。
小さな民宿の紹介も兼ね,ハイウェイウォーカーなどに紹介されているこちら日光市に、ぜひまた行きたいと考える。

気どりながら話す妹と冷たい肉まん
小説家、太宰治の「斜陽」がお気に入りの私は、静岡県の安田屋旅館に宿泊に行った。
連れとして太宰治が割と好きな親友。
目的の安田屋旅館は、作家の太宰がこの小説の章の一部を集中して執筆するために泊まった海が見える旅館。
とにかく進むと、ギシギシと、音が聞こえる。
宿泊のついでに見せてもらったのが、太宰が宿泊した二階にある角の部屋。
青々とした富士山が半分だけ、頭を出していた。
道路を挟んですぐの海の中にはいけすが張ってあった。
三津浜は見どころがある。

どんよりした火曜の午後に食事を

高校生の頃よりNHKを視聴することが大変多くなった。
昔は、両親やじいちゃんが見ていたら、NHK以外のものが視聴したいのに考えていたが、最近は、NHKも見る。
年配向け以外のものが大変少ないと考えていたのだけれど、近頃は、おもしろいものも増えたと思う。
それから、かたい内容のものも好んで見るようになった。
それ以外に、攻撃的でない内容のものや子供に悪影響が大変少ないものがNHKは多いので、子供がいる現在は視聴しやすい。
NHK以外では、アンパンマンでさえすごく暴力的だと思う。
いつも殴って終わりだから、私の子供も私を殴るようになってしまった。

寒い仏滅の昼は読書を
社内で出会ったOLさんがいる。
今までに出会ったことのないような女性で、彼女の話はどれも面白かった。
おまけに彼女は資格大好きだということ。
保育士免許、ネイリスト検定2級、小型船舶の免許。
児童英語教師、漢字検定準1級、そして、元CAさん。
公認会計士までパスしているとうわさ。
さすがにこのことを母に話してみたところ、君の勘違いもあり得ると思う、など言われたけれど。
彼女は、30歳年上の上司と職場結婚で寿退社していった。

雲が多い休日の午後に食事を

友人の知佳子の恋人であるSさんの物産会社で、定期的に紀州産の梅を使用した梅干しを買っている。
酔っぱらうと電話をかけてくるSさんが可愛がっている部下でアルEくんは、ぜんぜんトークがかみ合ったことがない。
酔ってないときのE君、非常に人見知りらしく、そんなにたくさん話さない。
したがって、一回もE君とじゅうぶんにコミュニケーションをとったことがない。

息もつかさず歌う弟とわたし
江國香織の物語に出てくるヒロインは、陰と陽を潜めていると思う。
旦那さん以外との恋愛を肯定化する。
恋の一種ではあるが、心底愛しているのは別のたった一人。
そんなヒロインが多いような気がしませんか。
旦那意外との恋愛を陰だとすれば、旦那さまは陽。
たまに別人が入ったように陰が襲ってくる。
結婚以外での恋愛に関する考えは置いておいて、そのヒロインを凝視する。
私の中にもう一つの恋愛観や新たな価値観が現れることもありえる。

天気の良い土曜の夜明けに外へ

知佳子はAさんの事が大好きみたいだ。
Aさんも知佳子を可愛いと思っている。
彼が出張に行くときは、知佳子も連れて行くし、前回は私も一泊だけ同行させてもらった。
2人は私を同じニックネームで呼ぶし、何かをするときは、とりあえず、私に求めてくれる。
なんだか気にかけてくれている気がしてきて、非常に心地がよかった。

目を閉じて吠える先生とよく冷えたビール
とある曇りの日の午後、少年はお母さんからおつかいを言付かって、白菜とねぎと豚肉を買いに行くところであった。
少年はこっそり笑った。
今夜はしゃぶしゃぶだ!やったぜ!…と。
だが、問題はその後すぐ起きた。
なんと、ポケットに入れていたおつかい用のお金2千円が、無いのである!
少年はスーパーのレジに並ぶ前に、大丈夫だよね、とポッケの中に手を突っ込んで確かめてみたのだ。
そして、その時お金が何処にもないという事実を知ったのだ。
怒られるのを承知で、少年はしかたなく手ぶらで家路につくことにした。
これからは、お金は靴か靴下に入れることにしよう。
少年はこめかみを押さえながら、そう心に決めた。

前のめりで歌う友人と冷たい肉まん

私は素肌があまり丈夫じゃないので、すぐにトラブルが起きる。
それに、ボディーシャワーの肌に残る感じが気持ち悪い。
それだと、冬の時期は凄く乾燥しまくるので、なるべく余計な薬品が入っていない化粧水を使っている。
この品のびっくりする部分は、価格が凄く高いところ。

雪の降る木曜の午前に微笑んで
台湾人のビビアン・スーは、美人で努力家で素敵な人だ。
もう30代も後半なんて、全然信じられない。
昔の話だけれど、脳裏に焼き付いているのが、まだ英語を学び始めたばかりのビビアンが英語のインタビューにアンサーしていたところ。
ちょうど学んでいる所みたいだったけれど非常に熱心だった。
現在は英語だけでなく日本語だって、すっかり話せるんじゃないかとみている。
ビビアンの驚くべき素晴らしさは目を見張る位なのだ。

サイト内カテゴリ

サイト内カテゴリ

Copyright (c) 2015 アイスコーヒーも人生も賞味期限切れ All rights reserved.