「オレンジジュース」のことを好きという人もいれば、嫌いという人もいると思う。無関心な人も。君が考える「食欲」って、どう?

アイスコーヒーも人生も賞味期限切れ

天気の良い祝日の午後は外へ

石田衣良という小説家に魅せられたのは、愛の紹介で。
「愛がいない部屋」と題したストーリーがぎっしり詰まった小説が机に置いてあったから。
故郷の岩手の愛ちゃんのお母さんが読み切って、その後お酒やフルーツと共に宅配便で送ってくれたという。
その頃はまだそこまで文学界で知れていなかった石田衣良さん。
愛ちゃんはいつも手記やビジネス、雑誌などは買う。
反対に、俗にいう小説は気に入らないらしく、愛がいない部屋を私にあげる!という。
愛ちゃんのママはどんなことを思いながら、石田衣良さんのこの本を手に取ったのだろうか。

のめり込んで吠えるあいつとわたし
夏休みも2週間くらいたった頃の夕暮れ時。
「カンケリ」で鬼役をしている少年は、ものすごくお腹が減っていた。
捕まえても捕まえても、缶をけられて捕虜が脱走するので、もはやこの遊びは終わらないんじゃないかと途方にくれていた。
へとへとに疲れて家に帰ると、扉を開ける前に、今日の夕飯が何かわかった。
メチャンコ美味しそうなカレーの匂いに、少年は笑顔になった。

ぽかぽかした金曜の昼は散歩を

ここ何年か、小説をぜんぜん読まなくなった。
20歳の頃は、かかさず読んでいたけれど、最近、仕事があるし、小説を読む時間をとりにくい。
もし時間があったとしても、ゆったりと好きな小説をじっくり読むという心になかなかなれないので、見ていてもおもしろく感じにくい。
ただ、ものすごくはまる小説に10年ぶりに出会いたい。
村上春樹さんや村上龍さんの小説がすごく好きなので、お二人が新人賞をとった群像文学新人賞が私の好みのものがあるかと思って読んでみることが多いが、二人のようにがつんとくるものはなかなかない。
それでも、次世代の光っている新人がいないかと気にかかるからまた読んでみたい。
けれど、純文学だからと無理に難しい言葉を並べているけれど中身が伝わりにくいものも多いからさびしい。

月が見える水曜の明け方に食事を
明日香は、専門学校に入ってすぐに仲良しになった親友だ。
彼女のプラスポイントは、可愛くて、細かい事は気にもしていないところ。
私の方から、仲良くなろうと言ったそうだが、さっぱり覚えていない。
一緒にいると、問題は単純化されるので、とっても安心する。
引き締まっていてスレンダーなのに深夜にハンバーガーを食べに行ったりするという。

泣きながら歌う家族と公園の噴水

大好きな音楽家はたくさん存在するけれど、この頃は海外の音楽ばかり選んでいた。
しかし、邦楽の音楽家の中で、大ファンなのがCHARAだ。
CHARAは凄い数の楽曲を出している。
代表的なのは、やさしい気持ち、月と甘い涙、DUCAとか。
国内色々なアーティストがいるが彼女はCHARAは周りに負けない個性がキラリと光っている。
この国には、海外進出して仕事をするミュージシャンも多いが、charaも人気が出るような予感がある。
あたしなんで抱きしめたいんだろう?「あたしを無人島に持って行って」
こんなタイトルが考え出されることに憧れる。
多くの作品の曲作りも行っていて私の意見としては感性豊かでカリスマ的な才能があると思う。
ジュディーアンドマリーのユキとコラボレーションしてトップ10入りした、「愛の火、3つ、オレンジ」も、印象的。
かっこよかったから。
誰しも一回くらい、思う、思われたいような事柄を、うまく一言で表しているから。
キャッチフレーズのコンテストなどに参加してほしい。

薄暗い月曜の夕方にお酒を
普段、マンションで個人的に出来るような業務をして、繁忙期に声があると外に仕事に参加する。
たった、何回かだけど、本気でかったるく感じてしまう。
いっそ引き受けるの辞めてしまおうとか。
行くとやる気になるけれど、大勢の人にはさまれて、団体で業務をこなすのは難題だ。
と、友達に相談すると、言いたいことは分かるけれど、と豪快に笑っていた。

寒い週末の夕方はお酒を

けっこう昔から知ってたけど行ったことはないですが、真っ暗な動物園は、夜行性の動物がとても動いていて見ておもしろいらしい。
昔から知っていても、日が暮れての動物園は見に行ったことがないけれど、子供がもう少し理解できるようになったら見に行ってみようと考えている。
もうちょっと理解できるようになったら、絶対に、子供も喜々としてくれるだろうから。
いつもの動物園と異なった様相を自分も妻も興味があって経験してみたい。

無我夢中で口笛を吹く父さんと草原
出身県が異なると経験が異なることを二人で生活しだしてから非常に感じることになった。
ミックスジュース作ろうかと妻から普通に聞かれ、自分はあまり飲まないけど売っていたのかなと考えたら、家で作ることが一般的らしい。
フルーツを色々と氷をいっしょに入れて、普通の牛乳を挿入してミキサーでシェイクしてすぐに完成。
家で味わい飲んだのは未知の体験だけれど、めちゃめちゃ美味だった。
うまかったし、今でははまって、私も作り飲んでいる。

具合悪そうに体操するあの子と電子レンジ

名の知れた見学スポットである、斑鳩寺、つまり法隆寺へ訪問した。
法隆寺式の伽藍配置もしっかり見れて、立派な五重塔、講堂も見ることができた。
展示室で、国宝にも指定されている玉虫厨子があり、予想していたよりも少しだけ小さかった。
このお寺様についてを身につけるには思いのほか、多くの時を必要とするのではないかと感じている。

どんよりした水曜の夜明けは料理を
私の師匠が近頃釣りにいつもの場所に行ったらしいが、何匹しかかからなかったらしい。
ザコがうんざりするほどいて、チヌ釣りがやりにくかったらしい。
だが大物のの50cmサイズが釣れたらしいから、いいなと思う。
どんだけ前かいただいてさばいて口に入れたがとてもうまかった。
そんなのがいいのがいると話を聞いたら楽しみでしょうがないが、すぐには行けないので今度だ。

サイト内カテゴリ

サイト内カテゴリ

Copyright (c) 2015 アイスコーヒーも人生も賞味期限切れ All rights reserved.